冷凍車の上手な活用方法

トラックの形態にも、いろいろなスタイルがありますが、多くの人は特に気にすることなく、何気なく見過ごしているものが普通なのでしょう。ですがこのトラックの中には、冷凍車と言うものが有り、一般生活に大いに役立っているのでした。真夏の暑い時期でも、この車を利用することで、凍ったまた全国へ配達することが出来る時代になりました。そのため、いつでもどこでも新鮮なものが食べられる時代になったと言えるのでしょう。しかし、この冷凍車はそれ以外にも活躍の場があるのでした。それは冷凍の温度を調節することで、パーティ用の料理を運んでみたり、年末のオセチ料理の配達にも使われることがあります。また必見は、有名な天然氷を地元から東京へ運んで来るなどのことが出来、そのため美味しいかき氷の材料を提供出来るようにもなっているのでした。

即席の冷凍車で配達しています。

冷凍車と言えば、誰しも中型から大型のトラックが頭に浮かびます。ですが、熊本県南阿蘇村の個人経営のケーキ屋さんは、軽自動車の後部座席を前方に倒して広くした荷室に200リットルの冷蔵庫を積んで、その中にケーキを入れ、九州一円から山口県西部まで配達しています。スポンジケーキは冷凍保存、デコレーションケーキやロールケーキは冷蔵保存のため、住み分けも出来ているようです。その冷蔵庫はレジャー用のミニ冷蔵庫ではないため、直流12ボルトを、インバーターで交流100ボルトに変換しているのかと思っていましたが、普通自動車の直流12Vのバッテリーで稼働するとの事で、「こんな物があるのか」と驚きました。個人で商売をなさっている方には非常に便利な即席冷凍車ですが、それも最近の軽自動車の車高が高くなっているために可能となった事です。

多くの場面で活躍している冷凍車

自分で事業をしていたり、関係する仕事に就いていない限りは自分は冷凍車には縁が無いと考えている人がほとんどでしょう。しかし、人々が何不自由なく且つ便利な生活を送れているのは様々な技術のおかげです。その技術の一つが冷凍車とも言えます。この技術のおかげで、海がない地域の人が魚介類を食べることができます。田舎から親が何かを送ってくれる時も、冷凍品だからという理由で諦めることはありません。冷凍する必要がある物も含め、何でも送ることができます。親の愛をも感じます。また、娯楽の面でも大きな役割を果たしています。夏になると皆がかき氷を食べたくなります。夏祭りや花火大会でもかき氷の屋台は絶対にあります。毎年大盛況です。これらの氷を運んで長時間保存しておくのにも冷凍車が必要です。意外と多くの場面で活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です