身近な場所でも冷凍車は使われています

冷凍車と聞くと遠いところから冷凍された魚や肉などを市場に運んでいくのを想像することも多いですが、意外と身近な場所でも使われています。1人暮らしでも家族で暮らしている場合でも、多ければ1日1回や少なければ1週間に一回はスーパーに食材を買いに行くことがほとんどでしょう。その時に冷凍食品やアイスなどを目にすることになりますが、冷凍食品やアイスなども冷凍車によって運ばれてきます。これらの商品は一度それぞれのスーパーの会社が所持する配送センターに保管され、スーパーの各店舗から発注されたものを詰め込み配送しています。この時の配送中に溶けないようにするために冷凍車が使われることになります。また冷凍食品やアイスだけでなく、スーパーの鮮魚部門や精肉部門の商品を運ぶのにも使われます。スーパー以外にもコンビニも身近で使われている場所になります。

冷凍車の役割とその特徴

冷凍車は、名前の通り、冷凍する機能がついた車です。最近では、冷凍品などを配送することも多くなっています。冷凍品の場合、決められた温度を維持しながら荷物を運ばなければなりません。そのため、宅配便などでも、冷凍品は冷凍車によって配送をします。荷台の温度を低く保つために、冷凍装置がついていて、断熱効果のある素材を荷台に使用しているため、マイナス20度の温度を保つことも可能な車もあります。荷台の温度は、運転席のモニターなどに表示されるものもあり、運転中でも荷台の温度が適正かどうかを知ることができます。また、温度設定ができるタイプのものも多く、運ぶ荷物の内容に合わせて温度を設定することができます。最近では、エンジンを停止しても冷凍機能は稼働し続けるというものなどもあります。このタイプはエンジン停止によって荷台の温度が上昇するといった心配がありません。

食品ビジネスに必要な冷凍車を失敗なく購入するには

食品に関するビジネスを展開する上で欠かせないのが、冷凍車といえます。長期保存が可能な冷凍食材を全国どこへでも運搬出来る事は、大きな利益につながるからです。その購入のポイントとしては、コンテナの大きさに着目することといえます。業務の規模に合ったサイズでないと、余剰のスペースが無駄になったり輸送回数が多くなってしまうなどの弊害が発生してしまうからです。そして、ビジネススタイルに合った車を選択するのも大切です。例えば冷蔵機能を備えた商品であったり、完璧な温度管理を実現してくれる超低温冷凍車などの中から、業務内容に合った仕様を選び出す必要があります。そして最近注目されているのが、中古の商品です。中古といっても品質は優良なものが多く、より低コストで車体が購入できます。こういった冷凍車の販売情報はネット上に数多く掲載されています。より多くの情報から、自分の会社に適したものを慎重に検討するのが大切といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です